【ウェブデザインを副業に!】稼げる金額や学び方、案件獲得の2ステップを徹底解説!

副業

1,ウェブデザインとは

 ウェブデザインとは、ウェブサイトのレイアウトやデザインを作る仕事です。具体的な仕事内容は、ウェブページのビジュアルデザインを考えたり、サイト全体の統一感を管理したり、HTMLやCSSを使ってコードを記述したり、ウェブサイトのユーザーから見える部分のデザインをします。


 ウェブデザインのメリットとしては、リモートワークが可能なので、時間や場所に捕らわれずに仕事ができます。
 また、既存のウェブサイトを参考にすることで、初心者にも始めやすく、幅広いスキルを身につける事ができるというのもメリットです。


 ウェブデザインの仕事を通して身につけられるスキルとしては、


・Webに関する基礎的な知識
・プログラミングの基礎知識
・マーケティングスキル


など、幅広いです。


2,ウェブデザインで稼げる金額と学び方

 実際に稼げる金額は、簡単なサムネイル制作月に数万円ウェブサイトの全体的な構築ディレクションまでできれば、月に数十万円ほど稼げるようになります。


 ウェブデザインの学習方法としては、まずはProgate(プロゲート)や参考書などで学んでみるのがお勧めです。

Progateであれば、「HTML&CSS」(Webページのデザインを作る)
「JavaScript」(Webページを使いやすくするための動きをつける)などのウェブデザインの基本となる言語を、はじめに学んでみましょう。


オンラインスクール専門学校もありますが、比較的コストが高く、スクールとの相性や、当たりはずれがあるので、まずは大きなコストをかけずに独学で始めてみるのが良いでしょう。


3,案件獲得のステップ

 そして、ある程度のウェブデザインのスキルが身についてきたら、次の2ステップで、案件を獲得します。


①クラウドソーシングで、簡単な案件を受注して実績を作る。
サムネイル制作や、簡単なコーディングなどから受注する。
・案件をこなしながら、スキルを磨いていく。
・実績を積みながら、ポートフォリオ(実績をまとめた作品集)を充実させていく。


②SNSや、エージェントサイト経由で、案件を獲得する。
・実績が増えてきたら、SNSやブログで発信する。
・SNSが名刺や宣伝ツールとなり、案件に繋がる可能性もあります。
・フリーランス用のエージェントサイトクラウドテックレバテック等)を活用する。
こういったサイトでは、エージェントが案件のマッチングをしてくれて、比較的単価の高い案件も多いです。


 このようにステップアップしていけば、副業として月に10万円以上稼ぐことも不可能ではありません。

 ウェブデザインのスキルに加えて、コンサルティング業務や、仲間を作って指揮するディレクター業務もできるようになると、企業からの高単価案件を獲得できるようになります。


 副業としてウェブデザインをすることは、「人が使いやすいデザインを作る」ということに強い興味を持った人には、とてもお勧めできます。

 幅広い知識が求められますが、その分、身に付くスキルも多く、そのスキル次第で本業にもなり得ます。
 会社脱出装置としてだけでなく、かなりパワーのあるビジネスを作ることも可能なポテンシャルを持ったスキルになっていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました